ネズミ講まがいのビジネスの手口を大暴露します。

 

今回はネズミ講まがいのネットワークビジネスの手口を大暴露していきたいと思います。

 

実は、僕自身が実際にネットワークビジネスをやっていたことがあるので
ある程度の知識はあります。

 

自分の過去の経験をもとにネットワークビジネスについての記事を書こうと思います。

 

 

先に言っておきますが、
マルチ商法とネズミ講は違います。

 

もちろんネズミ講は違法。一方、マルチ商法は合法。

 

ですが、グレーゾーンではあります。

 

詳しいことやネズミ講とマルチ商法の違いはこの記事を読めば分かります。

 

なるべく難しい言葉を使わないように分かりやすく解説していきますね。

 

マルチ商法とネズミ講の違いとは?

 

マルチ商法とネズミ講には共通点があります。

 

それは、紹介によってピラミッド状に組織を大きくしていくという点です。

 

まず、ネズミ講についてなんですが、

 

難しく書くと少しややこしくなってしまうので
ここさえ押さえればいいと思うポイントを紹介していきますね。

 

ネズミ講は違法

 

まず、先ほども言いましたが、ネズミ講は違法です。

 

なぜかというと、制限なく組織が無限に続いていくという点があるからです。

 

一つ目のポイントは「無限連鎖」という部分です。

 

無限連鎖講

 

ネズミ講は言い換えると「無限連鎖講」と呼ばれます。

 

日本には無限連鎖講は禁止するという法律があるので違法になります。

 

法律については検索すればすぐに出てきます。

 

お金だけが動くという点

 

そして、もう一つのポイントは、お金だけが動いているという点です。

 

「お金だけ」という部分がポイントです。

 

 

よく化粧品や日用品、サプリなどを広めるビジネスを耳にすることもあるかと思います。

 

それも紹介によって組織(ミラミッド)を大きくしていくという点では
ネズミ講っぽいですよね。

 

しかし、商品が流通しているという点があるのでネズミ講ではないのです。

 

お金だけではなく、商品が流通していれば法律違反にはならないということです。

 

口コミで商品を流通させるビジネスがマルチ商法と呼ばれるものです。

 

マルチ商法は違法ではない

 

ネズミ講はお金だけが動いて無限に連鎖していくもの。

 

一方、マルチ商法というのは商品を流通させるもの。

 

そういった違いがあります。

 

ですので、化粧品や日用品、サプリなどを広めるビジネスをやっている人に対して
「それネズミ講でしょ?」というとそれは違うとなるわけです。

 

商品が流通しているからです。

 

この違いは知識として知っておいた方がいいと思います。

 

それでは、もう少しマルチ商法について掘り下げていきます。

 

マルチ商法の特徴、仕組みについて

 

マルチ商法は、MLM(マルチレベルマーケティング)、ネットワークビジネスと呼ばれるビジネス形態です。

 

簡単に言うと、口コミによって商品やサービスを広めるビジネスです。

 

当然、たくさん広めて組織(ピラミッド)を大きくすればするほど報酬が上がるしくみです。

 

 

なかなか信じられないかもしれませんが、
トップの人たちは実際に数千万や億といった金額を稼ぐ人もたしかに存在します。

 

実際に僕もネットワークビジネスで年収1億円以上稼ぐ人と関わっていた時期があります。

 

その人はとんでもない金額を稼いでいますが、わりとどこにでもいそうな感じの人でした。

 

もちろん、最初は疑っていました。

 

しかし、あるサイトや雑誌にも本当に名前が載っていたりして本物だったのです。

 

稼げる人は本当に稼げるとして、なぜそんな大金が動くのか?という部分なんですが、

 

それは、口コミで広がる分には企業側にデメリットが無いからです。

 

ネットワークビジネスの仕組み【お金について】

ネットワークビジネスでは稼げる人はとんでもない額を稼いでいるという事実があるわけですが、

 

それは、企業が個人に対して何百万や数千万といった金額を支払っても利益が出るからこそです。

 

口コミの力というのはそれほど凄いということです。

 

お金の話になりますが、

 

テレビなどで広告(CM)を流すには
出演してもらう芸能人にもよりますが、数億円かかるそうです。

 

それだものCM出演が決まった芸能人が喜ぶのも当然です。

 

しかし、実際CMを見て商品を購入すると決める人は全体のたったの数%というデータがあります。

 

つまり、莫大な広告費をかけるわりにそんなに利益が出ないわけです。

 

 

そこで、広告費(コスト)をかけずに商品やサービスを広める手段として
口コミで商品やサービス広めるビジネスが流行りだしたわけです。

 

企業は広告を出すよりも口コミで広まってくれた方が圧倒的に利益率が高くなるからです。

 

ネットワークビジネスの特徴【実際どうなのか?】

 

入会するときに商品を購入する

 

ネットワークビジネスの大きな特徴としては、
組織に入会するときに必ず商品などを購入するという特徴があります。

 

先ほども言いましたが、
商品やサービスが流通しなければネズミ講、つまり違法になるからです。

 

それに、新規の顧客が入った時点で商品が購入されるわけですから、その時点で企業からすると利益になります。

 

 

勧誘する側は入会するための初期費用はビジネスをやる上で必要な経費だと主張します。

 

当然、成約してもらうためにはお金を支払ってもらう必要があるのでそこは必死になります。

 

そして、商品やサービスの良さも一生懸命に説明します。

 

実際、MLMの製品は市販の物と比べると質が良いというのはたしかにあるとは思います。

 

ネットワークビジネスの製品やサービスの質

 

MLMの製品は質が良いというのは有名は話です。

 

値段は、、決して安いとはいえないかもしれませんが...

 

実際、僕もネットワークビジネスをやったことがあるのでMLMの製品を使ったこともあります。

 

MLM経験者としてはっきり言いますね。

 

たしかに製品自体の質は良いのかもしれませんが、
残念ながら全力でおすすめできるほどではないというのが僕の意見です。

 

なぜかというと、やはり値段が高いと思うからです。

 

それに、これは僕の経験上ですが、

 

ネットワークビジネスをやっている人は無理やり効果を体感してもらおうと必死な感じがして、
逆に胡散臭いというか、そんな一生懸命メリットを説明しなければいけないほどなのかな?
と思ってしまったことがあるからです。

 

ビジネスのやり方に問題があると感じるのはそういうところかもしれません。

 

僕はネットワークビジネスを辞めた理由は
広めたいと思うほどのものではなかったというのもあります。

 

他にもっと大きな理由がありますが。

 

 

自分が本当に良いと思ったものではないのに、周りの人におすすめするのはちょっと違うなと思うのです。

 

考えてみてください。

 

 

結局それって、お金目的になっていると感じませんか?

 

本来、製品やサービスを広めるビジネスなのに結局お金目的になってしまう。

 

そんな人が意外と多いからこそ胡散臭いというか、印象が悪いのだと個人的には思っています。

 

実はネットワークビジネスをやっている人は
ビジネスの本質も理解していない人がほとんどです。

 

あ、、長くなってきたのでそろそろまとめますね。

 

 

まとめ

 

マルチ商法とネズミ講は違います。

 

違いのポイントとしては、

  • お金だけが動いて無限に連鎖していないか?
  • 製品が流通しているか?

という部分。

 

製品が流通していなくてお金だけが動いている場合はネズミ講(違法)

 

口コミによって製品やサービスを広めていくのがマルチ商法(合法)

 

マルチ商法はネットワークビジネス、MLM(マルチレベルマーケティング)とも呼ばれる。

 

口コミで広がるのは広告費のように莫大なコストがかからないので
企業にとってはデメリットが極めて少ない。

 

コストが削減できるのでその分製品制作にお金をかけれるので製品自体の質は良い。

 

マルチ商法は仕組み自体が怪しいわけではなくビジネスのやり方に問題がある場合が多い。

 

 

こんな感じですね。

 

今回はネットワークビジネスについての基礎的な部分について細かく解説しました。

 

もっと勧誘の手口など色々書きたかったのですが、
またしても少し長くなってしまったので、また次の記事に分けて書いていきます。

 

 

ネットワークビジネスの勧誘の手口を大暴露